レザークラフト

レザークラフトとは、厚さ1~4ミリの牛革に切り込みを入れて、

釘の頭のような小さな工具で模様を浮き立たせるように、叩き込んで凹凸をつけていきます。

その際の力加減や、様々な工具(100種類以上)を使って表現していきます。

モノによっては、染料や顔料によって、深みのある独特な彩色を施します。

 

その中でも私共は風景や動植物などを表現しております。

特に風景のデザインは、全作品すべて表情が異なります。

一点一点が、唯一の世界観を醸し出します。

一つとして同じ表現はなく、微妙な力加減や、想いを込めております。


製作工程

基本的構図10工程:唐草模様の場合

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5



No.6

No.7

No.8

No.9

No.10